養殖の行程

養鱒センターのマス養殖の行程

養殖の行程

マスの養殖は、水温の下がってきた晩秋の11月頃から始まります。
採卵→受精→ふ化までの行程が重要な作業になります。

1 採卵(さいらん)

(1)マスの選別

3年から5年目の成魚から採卵します。 マスの成熟度を見て、受精に最適なメスの卵のみを使用します。

(2)採卵

採卵はマスの腹は割かずに卵管から絞り出します。(体力が回復すれば翌年以降また採卵できます)
卵は紫外線に弱いので日光の入らない場所で作業をします。

2 受精(じゅせい)

(1)受精

採卵した卵に、オスの精子を混ぜます。(オスも成熟した個体を選定する。)
メス8匹くらいの卵にオスが3匹から4匹程度の精子が必要になります。

(2)安定

精子を混ぜた卵を安定させておきます。
卵は15分くらいで硬化してきます。

(3)軽量

受精卵を計量してふ化用の蓋に移す。蓋を7枚くらい束ね孵化場へ移動する。

3 孵化(ふ化)

(1)浸漬(しんせき)

ふ化場で湧き水を引き込んだ専用の水槽に浸漬します。
(水質が悪いと孵化しにくいので湧き水を直接引き込んでいます。)

(2)発眼(はつがん)

2週間ほどで受精卵の中に目ができます。

(3)選別(せんべつ)

発眼した受精卵(発眼卵)を選別します。
白く濁り発眼できなかった卵を取り除きます。(取り除いておかないと受精した卵にも影響を与えるため)

発眼できなかったものをきれいに取り除いた卵 ↓

カゴに移し孵化水槽に戻す ↓

(4)孵化場(ふかじょう)

養鱒センターそばにある湧き水を利用し養殖しています。那須山系の三倉山から豊富に湧き出る湧水は水量も豊かです。

(5)稚魚(ちぎょ)

ふ化した稚魚は、5cmくらいになるまで水槽で育てられます。

(6)養殖場

5cm以上になった稚魚は、養殖場へ移され20cmになったら販売されます。

見学お申し込み

養殖場の見学を受け付けています。(予約制)
電話でお問い合わせください。

TEL 0241-67-2202(営業時間:9時〜17時まで)
FAX 0241-67-2639 
〒969-5346 福島県南会津郡下郷町大字落合字左走1808−1